[ カテゴリー » 日 記 ]

不思議な老人ルカの話

 ゴオリキの「どん底」に現われた不思議な老人ルカの話によると、シベリアに「非常に貧乏で、惨な暮らし」をしていた或男が、「正義の国」を求めていた。この正義の国には「特別な人間」が住んでいて、しかも「立派な人間ばかりで、互に尊敬し合い、どんな些細なことにも助け合う」国であった。そしてこの男は、絶えずこの...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 09:26 am  

長距離電話

「あの……長距離電話で、どこかの警察だそうでございます」「何、警察?」 或るおそろしい、いまわしい予感におそわれて彼は電話室に立った。「……僕衣川柳太郎です……え? 何?……S県Nの警察?……はあ、はあ、何です。よく聞えませんが。……それは僕の妻の名ですが。何? 雪の中、死んで?……何ですかも...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 09:25 am  

A山麓で死にたい

 弟はかねて好んで居たS県のA山麓で死にたい、と書き残しました。そうしておそらくは、その恋の結末として、婦人をも道づれにするでしょう。遺書によれば、かねて相手の女もこの場合あるを覚悟していたそうですから。 今頃はA山麓の大吹雪の中に、二人相擁して仆《たお》れて居ることでしょう。 僕は、とめればそ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 09:25 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0168 sec.

http://online-sportsbook-bonus.com/