不義の恋に対して

 不義の恋に対して天が如何なる方法を以て報いるか、人間のはかり知り得ることではありません。弘は、好奇心から見たあの事件の為に、あれ以来、一夜として安眠を得たことがないのです。 衣川さん、弘に良心がないと思うのは可哀相です。弘は丁度あなたの云われた通りの考えをもって居たのです。殊に法律を学んだ弟には...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 06:57 pm  

睡眠剤を多量に服して

 前夜安眠をとれなかった彼は、睡眠剤を多量に服してその夜は床につくなり、ぐっすりとねこんでしまった。

 翌日は好晴だった。雪も風もやんだけれども、あたりは一面の銀世界である。 おそい朝食をすませたところへ、女中が、「御手紙でございます」 と云って厚い封書をもって来た。 静枝に送る手紙をひき...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 06:56 pm  

風はますます強く

「もはや云い合うだけは云いました。凡てはあなたの考えにまかせます。しかし衣川さん僕が今云ったことは忘れないで下さい」

 風はますます強く雪はいよいよ降りつのる中に、旧友は、かくして争い、かくして別れた。旧友を送ったあと、衣川柳太郎は、一人炉辺に坐してまんじりともしなかったのである。

 翌日は昨日...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 06:55 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0105 sec.

http://online-sportsbook-bonus.com/